メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発症後もスクールバス運転 北海道の感染者、職業など明らかに 新型肺炎

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 北海道で23日に感染確認が発表された20~80代の日本人男女9人のうち4人の居住地や職業などが24日までに明らかになった。道などによると、4人は、愛別町の70代のスクールバス運転手▽美瑛町の20代の男性消防士▽旭川市の30代の男性会社員と60代の女性。いずれも海外への渡航歴はないという。9人のうち20代の女子学生は重篤で人工呼吸器をつけているという。

 愛別町によると、スクールバス運転手は園児や小中学生計20人の送迎を担当し、発症した18日以降も21日まで運転していた。体調不良を訴えている利用者はいないという。町は利用者が通う学校などを25日に臨時休園・休校にしてバスや学校などを消毒する。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです