メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国籍の不就学・不就労、日本籍の2倍超 言語教育足りず

 日本で暮らす15~19歳の外国籍の未成年のうち、少なくとも7・7%(小数点以下第2位を四捨五入)が学校に通わず、仕事もしていないことが、国勢調査の分析から明らかになった。日本国籍は3・1%と外国籍の半分以下で、背景には日本語教育を十分に受けられず、日本の生活になじめない実情があるとみられる。調査では3割近くの外国籍の未成年から回答を得られておらず、不就学・不就労の割合はさらに増える可能性がある。

 毎日新聞は、2015年に実施した最新の国勢調査のデータから、15~19歳の若者の就学・就業状況を分析。外国籍と日本国籍を比較した。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです