メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 「別れ」は決して

 「これから先一生会わなくても、それはそれでいいのよ」。最近見たドラマの、ある別れのシーンでのセリフだ。これは相手を突き放しているわけではない。「二度と会うことがなくても、一緒に過ごした時間はなくならないでしょう」。だから「それでいい」のだ。

 この感覚には覚えがある。私は幼稚園から小学校時代にかけて、引っ越しを繰り返していた。当時は「別れ」が怖かった。あんなに一緒に遊んだのにもう会えないなんて。そう思うと言いようのない不安に襲われた。

 そして時は流れ大学生になり、小学校時代の友人と8年ぶりに再会する。久しぶりだったが、意外と普通に話すことができた。でも同時に胸によぎった「あの頃とは変わったな」という思い。楽しい時間を過ごしたけれど、次会う約束はしなかった。8年という空白は、昔のように全力で話をして全力で笑いあうには長すぎて「また会おうね」と気軽に約束することはできなかった。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです