メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

聞いてみました キャリアセンター活用事情 利点あるが4割利用せず

大学のキャリアセンターをうまく使いこなそう

 就活生が企業の情報収集に奮闘するこの時期。各大学のキャリアセンター(就職支援課)も、さまざまな支援方法で学生をサポートしている。そこで、キャンパるネットワークを活用し、就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生56人にキャリアセンターの活用状況について聞いてみた。(カッコ内は、大学名・性別)

 就活を終えるまでキャリアセンターを利用したと答えたのは全体の2割。具体的にどんなサポートを受けたのか聞くと、「個別面談」や「エントリーシートの添削指導」という回答が大半を占めた。大学によっては模擬面接体験や就活メーク講座、業界地図など就活に特化した書籍の貸し出しサービスもあるという。

 こういった場を活用する中で、「客観的な目線でアドバイスをもらい、エントリーシートのブラッシュアップを重ねられた」(千葉・女)と、実際に効果を実感する人や、「相談することで気持ちが楽になった」(龍谷・女)とメンタル面でも助けられたという人もみられた。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです