メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラス対策、ゲームで学ぶ 宇都宮の会社、共存めざし開発 /栃木

 街中のカラス対策を楽しみながら学ベるボードゲームを、宇都宮市のコンサルティング会社「クロウラボ」が開発した。プレーヤーは住民、行政、カラス役にそれぞれ分かれ、住民、行政が連携してカラスの個体数をいかに増やさないようにできるかが勝負の鍵。開発者は「カラスを取り巻く環境や生態を知り、人とカラスが共存するためのポイントを学んでほしい」と話している。【萩原桂菜】

 このゲームは、社会問題を題材にゲームを作っている一般社団法人「Pine Tree」(東京)と共同開発した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです