メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消滅危機言語 沖永良部島の言葉、継承を 親子ら10人、取り組み発表 立川 /東京

発表会では沖永良部島の子どもたちが伝統弦楽器・三線の演奏に合わせ、島のことばで歌を披露した=東京都立川市の国立国技研究所で

 鹿児島県・沖永良部(おきのえらぶ)島の和泊町で島のことばの継承に取り組む親子ら10人が、立川市の国立国語研究所(田窪行則所長)で家庭や幼稚園、町役場での活動について発表した。小学生が島のことばを使ったクイズを出したり、家族で寸劇を披露したりして会場を沸かせた。同島にルーツを持つ首都圏在住者を含む約70人が参加し、交流を深めた。【鈴木玲子】

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は2009年、話者が極めて少なく、近い将来に消滅の恐れがあると指摘される「消滅危機言語」が、世界で約2500言語あると発表した。日本からは、アイヌや八丈島などで話されていることばも独立言語とみなされ、計8言語が指摘された。沖永良部語は沖縄県や奄美群島で話される琉球諸語の一つで消滅危機言語に含まれている。ユネスコは言語の多様性や母語の尊重推進を目指し、2月21日を「…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです