メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック@さぬき

厚底シューズでハーフマラソン 速いが疲労も、練習必要 /香川

記者が履いたナイキ社の厚底シューズ=高松市で、潟見雄大撮影

 着用した多くのマラソンランナーが好記録を出して注目されているナイキ社のピンクの厚底シューズ。東京五輪での使用も認められ、エリウド・キプチョゲ選手(ケニア)が非公認ながら史上初の「2時間切り」を記録した。マラソン歴約1年の私(25)も厚底シューズを履いて1カ月練習し、2日にあった「香川丸亀国際ハーフマラソン」に挑戦した。【潟見雄大】

 厚底シューズは高いクッション性が特徴で、これまでマラソンに適しているとされた「薄くて軽い」という常識を覆した。私が厚底シューズを購入したのは1月。スポーツ店で試着し、歩くだけで足の裏にバネがついているような感覚で、つま先立ちすると勝手に足が前に出てしまう。「これを履けば速く走れるはず」と確信。財布とも相談し、多くのトップランナーが履いていたシューズの一つ下のグレード「ズームフライ3」に決めた。ソ…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです