メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

新型肺炎「高度な政治判断」 入国制限、苦肉の法解釈 滞在歴、日本の利益や公安害する?

新型コロナウイルス感染症対策本部の会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=首相官邸で2020年2月12日、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が既存の法律を「高度な政治判断」によって柔軟に解釈し外国人の入国を制限したり、感染が疑われる人への強制的な措置を可能にしたりするケースが相次いでいる。国民に広がる不安を背景に迅速な対策を迫られた政府の苦肉の策といえ、野党から強い反発は出ていない。ただ、自民党内では「本来であれば法改正が必要だ」との声がくすぶる。緊急対応のための「ギリギリの解釈」(政府関係者)を重ねた政府だが、今後の法整備も課題となる。【青木純、竹地広憲】

 「この条文で入国を拒否するのは難しいのでは」「いや、できるはずだ」。政府が1月31日、中国・湖北省に滞在歴のある外国人の入国拒否に踏み切ることを発表する直前、少数の首相官邸幹部が入管法の運用を巡って激しい議論を繰り広げた。

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです