メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

枝野幸男氏/下 「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」 「時代」に挑む魅力

 塩野七生さんと初めて会ったのは、若い頃に超党派の議員団でローマに行った時だった。先輩に連れられて聞いた塩野さんの話が面白く、帰国してすぐに「ローマ人の物語」を買い、その後も毎年、続刊が出たら買っていた。

 数ある塩野作品の中からこの本を選んだのは、フリードリヒ2世の「時代の先駆者」ぶりが突出しているからだ。ローマ教皇の力が強かった13世紀前半に、彼は「宗教」と「世俗」の分離を目指した。ルネサンス以降に実現する社会像や価値観を、その200~300年前に模索して前進させた。宗教のローマ教皇、世俗の神聖ローマ皇帝という分担を、少なくとも彼が生きている間は実現した。

 塩野さんが力を入れて書く人物は「リアリスト」(現実を見据える人物)であることが共通している。フリードリヒ2世は中世封建制が強かった時代に、足元の南イタリアで中央集権的な統治を実現する一方、皇帝として君臨したドイツでは封建領主の存在を容認することでドイツ統一をいったん成し遂げた。力関係を分析する柔軟性がある。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです