メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

戦争体験、証言こそが抑止力

戦争体験証言集「孫たちへの証言」の発行を続ける新風書房の福山琢磨代表=大阪市天王寺区の新風書房で

 大阪市の出版社「新風書房」が1988年から毎年、個人の戦争体験を集めて発行している「孫たちへの証言」の第33集への投稿を呼びかけている。今年は終戦から75年。同社の福山琢磨代表(85)によると、戦争体験者は減り、事実関係の確認が課題になっている。立ちはだかる「風化」の壁に、福山さんは「質の高い『証言』こそが戦争の抑止力になる。できる限り続けたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1561文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです