メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

「接触」見直し、大きな挑戦=小川佳実

 2020年シーズンはYBCルヴァン・カップが16日に、J1のリーグ戦が21日に開幕した。今季はレフェリーにとって、小さなチェンジではあるが、大きなチャレンジにもなる1年だ。

 Jリーグは激しく、タフでありながら、フェアなサッカーを目指している。日本サッカー協会の審判委員会は技術委員会、そしてJリーグと同じ方向を向き、サッカーをより魅力的にしていくために、関わる人たちとともに「サッカーのコンタクト(接触)とは何か」を突き詰めていく。

 サッカーは、人の自然な動きの中で体同士がぶつかったり、足が交錯して倒れたりすることは通常起こり得る。だが、コンタクトを利用して簡単に倒れ、ファウルを得ようとする行為があるのも確かだ。接触によって倒れたり、バランスを崩したりしているのがファウルなのか、そうでないのか。その見極めをしていくということだ。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです