外国からきた子どもたち 小5で来日、コロンビア国籍の26歳 孤立の末、受け子片棒 拙い言葉、非正規転々

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「もう一度、社会でやり直す機会を、与えていただけないでしょうか」。2020年1月、特殊詐欺に関与したとされたコロンビア国籍の被告の男(26)は、東京地裁で開かれた裁判で祈るように訴えた。弁護側は「日本語が分からず詐欺と気付かなかった」と主張したが、検察は「特殊詐欺は公知の事実」として懲役5年6月を求刑した。来日15年。裁判や関係者の証言からは、日本社会の中で孤立を深めていった被告の姿が浮かぶ。

 被告の名はマイケル。日本人男性と結婚した母親に呼び寄せられ、05年ごろに千葉県の小学5年に転入した。放課後に習う日本語は上達せず、同級生にからかわれ続けた。

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1783文字)

あわせて読みたい

注目の特集