メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

閣議後の記者会見で新型コロナウイルスの影響による株価下落についての質問に答える菅義偉官房長官=首相官邸で2020年2月25日午前10時7分、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染症や「桜を見る会」などについて、25日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、ウイルス検査で陰性とされたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が下船後に陽性と診断される例が相次いでいることについて「真摯(しんし)に受け止め、健康状態の電話による確認を毎日行うなどフォローアップを強化している」と説明。25日の東京株式市場での株価急落について「日本経済が基調としてゆるやかに改善しているという認識は変わっていない」としつつ、「状況に応じてちゅうちょなく対策を講じていきたい」と強調した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

 ◆故中曽根康弘元総理の葬儀の執行の延期について申し上げます。本年3月15日に予定しておりました故中曽根康弘元総理の内閣・自由民主党合同葬儀につきましては、想定される参列者の規模等を勘案をし、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、当分の間、延期することとしましたのでご報告申し上げます。なお、延期後の具体的な日程につきましては今後検討してまいります。

 --中曽根元首相の合同葬延期について。延期後の日程は大型連休後などのメドと、また規模の縮小を含めて検討しているか。

この記事は有料記事です。

残り3492文字(全文4009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです