メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」白塗り文書 説明文書の作成義務は「一般論、個々は想定せず」 北村担当相

北村誠吾地方創生担当相=2020年2月14日午前8時7分、川田雅浩撮影

 内閣府が「桜を見る会」の推薦者名簿を国会に提出した際に推薦部局名を「白塗り」にしていた問題で、北村誠吾地方創生担当相は25日の記者会見で、白塗りは公文書管理法違反ではないとの考えを改めて示した。同法4条では、政府の意思決定過程を検証するための文書作成を義務づけている。しかし北村氏は「4条は文書を作成する目的を一般的に規定したもので、個々の文書が該当するかどうかは想定していない」と語った。

 同法1条は国民に対する説明責任という法の趣旨を定めている。内閣府は、推薦部局を伏せるために白塗りをした文書は「新たな文書」で、改ざんではないと釈明している。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです