みそ輸出量、昨年過去最高 「和食で健康」世界に浸透 メーカー各社も海外向け強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「MISO」の文字が記されたひかり味噌の海外向け商品=同社提供
「MISO」の文字が記されたひかり味噌の海外向け商品=同社提供

 名古屋税関が1月30日まとめた2019年の全国のみそ年間輸出量は1万8444トンと、データのある1988年以降で過去最高となった。中でもみその一大産地に近い名古屋港が輸出量の3割を占め、港別で初のトップに躍り出た。食の洋風化や人口減が進む国内市場に比べ、和食の健康イメージが広がりつつある海外市場に勢いがあり、メーカーは輸出に力を入れている。【岡村恵子】

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

注目の特集