メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「兜町の風雲児」中江滋樹さん死亡 寝たばこの可能性 東京・葛飾火災

中江滋樹元会長の部屋の真下には、手向けられた花があった=東京都葛飾区で2020年2月25日午後5時10分、南茂芽育撮影

 東京都葛飾区南水元1のアパート火災で20日に見つかった性別不明の遺体について、警視庁亀有署は25日、1980年代に「兜町の風雲児」と呼ばれた投資顧問会社「投資ジャーナル」の中江滋樹元会長(66)と特定した。遺体が見つかった布団の周囲にたばこの吸い殻が散乱していたことから、同署は寝たばこの可能性があるとみて調べている。

 同署などによると、20日午前8時15分ごろ、中江元会長が1人で暮らしていた2階建てアパートの2階一室から出火し、約25平方メートルを焼いた。遺体は損傷が激しく、身元は歯型から特定された。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  3. コロナ感染、労災「全て認定」 異例の対応の背景とは

  4. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  5. 金正恩氏から謝罪の通知文 北朝鮮、韓国船員射殺で 国際社会の批判懸念か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです