卒業式、入学式の延期・中止相次ぐ 新型コロナ感染拡大で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
卒業式と入学式の延期を発表する国際教養大の鈴木典比古学長=秋田県庁で2020年2月25日、中村聡也撮影
卒業式と入学式の延期を発表する国際教養大の鈴木典比古学長=秋田県庁で2020年2月25日、中村聡也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止が相次ぐ中、その範囲が卒業式や入学式に及び始めている。

 近畿大(大阪府)は25日、3月の卒業式と4月の入学式を中止すると発表した。入学式は、音楽プロデューサーのつんく♂氏が演出して約1万5000人が参加する見込みだったが、十分な感染症対策ができないと判断した。学長の式辞や来賓の祝辞などはインターネット配信を予定している。付属学校や併設校の九州短期大(福岡県飯塚市)や7府県にある小中高などでも卒業式(一部は既に実施)と入学式を全て中止する。

 国際教養大(秋田市)は25日、今春の卒業式と入学式の延期を発表した。開催日程は決まっていない。学生は全員が1年間海外留学をするが、学内で感染が広がれば看板プログラムである海外の提携大との交換留学制度の維持が難しくなるためとしている。学生の半数を留学生が占める立命館アジア太平洋大(大分県)も3月の卒業式と4月の入学式を中止し、別日程での開催を検討する。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文879文字)

あわせて読みたい

注目の特集