メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

家族の絆、週末の癒やしに ドラマ「パパがも一度恋をした」プロデューサー 河角直樹さん

29日放送の第5話の一場面。多恵子にそっくりな臨時担任に会いたいと、娘の学校を訪れた吾郎(小澤征悦)=東海テレビ提供

 2月からフジテレビ系で放送中の連続ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)で、プロデューサーを務める。ドラマは、亡くなった妻が“おっさん姿”になって夫らの元に帰ってくるコメディー。「設定はとっぴですが、今どき珍しいくらいの愚直なまでの人間愛や、普遍的な家族愛が描かれています」

 ドラマでは、主人公の吾郎(小澤征悦)が3年前、最愛の妻・多恵子(本上まなみ)を事故で亡くした後、失望して引きこもり生活を送っていた。そんなある日、多恵子が吾郎を心配するあまり、見た目が“おっさん”の“おっさん多恵子”(塚地武雅)になって生まれ変わってくる。当初は戸惑っていた吾郎や一人娘のトモ(福本莉子)らが、おっさん…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです