メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

吉高由里子 ドラマ「知らなくていいコト」真壁ケイト役 がさつ時々“乙女”

吉高由里子 俳優=東京都江東区で2019年11月29日午後7時7分、竹内紀臣撮影

 これまで数々のドラマや映画に出演してきたが、今回初めて記者役に挑んでいる。記者のイメージは?との質問に、「記者の人たちの前で言葉を間違えると、良くも悪くも大きな見出しの記事になる。言葉遣いや発言とか、当たり障りのないことを言わなきゃなあ」とおどけてみせた。

 1月開始の連続ドラマ「知らなくていいコト」(26日で第8話)で、「週刊イースト」の敏腕記者、真壁ケイトを演じている。社会の不正などを報じる立場の一方、実の父親が世間を騒がせた殺人犯だったという出生の秘密が明らかになっていく“お仕事系ヒューマンドラマ”だ。

 ドラマは1話完結型で毎話、ケイトら週刊イーストの記者がさまざまな取材テーマを追う。終盤を迎えたドラマの第7話まででは、ケイトら取材班は大学入試問題の漏えいや、将棋の人気プロ棋士の不倫などを暴いてきた。ドラマでは、ケイトが同じ職場の野中(重岡大毅)に婚約破棄を告げられたり、元恋人の尾高(柄本佑)に思いを寄せたりと、恋模様も並行して描かれる。ケイトについて「男っぽくてがさつなところもあるけど、ちゃん…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです