メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 「ヴィアティン三重」前進 Jリーグ百年構想承認 J3へ入場者増など条件 /三重

 日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカーチーム「ヴィアティン三重」(桑名市)は25日、上部のJリーグ参入の前提となる「Jリーグ百年構想クラブ」としてJリーグから承認されたと発表した。今後のJ3参入には、JFLの成績や入場者数の上乗せなどの条件をクリアする必要がある。ヴィアティンを運営する同ファミリークラブの後藤大介社長は「第1段階をやっと越えられた。地域の人々とコミュニケーションを深めて入場者数を伸ばし、勝負にもこだわってこの1年でJ3参入を目指したい」と意気込みを語った。

 ヴィアティンが昨年末、百年構想クラブに入会申請し、Jリーグから同日、電話で承認の連絡が入った。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです