メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/58 荒天の特攻艇訓練=広岩近広 /大阪

 水上特攻艇「震洋」は高速モーターボートだった。米軍の上陸用舟艇に体当たりして撃沈を狙う特攻兵器で、艇首に250キロの爆薬を取りつけている。「震洋特攻隊」に所属した岩井忠熊さん(97)に語ってもらった。

※   ※

 岩井忠熊さん 震洋艇は長さ5メートルの1人用と7メートルの2人用があり、速力は27~30ノットです。自動車のエンジンを使ったベニヤ板製なので、大量生産が可能でした。海軍は米軍の本土上陸を阻止するために、上陸用の輸送船や舟艇を攻撃する兵器として、「震洋」に期待をかけたのです。

 航海学校で訓練を受けてきた私たちにしたら、震洋艇は簡単な構造なので操法や航法はさほど難しくありません。小艇のため風波や潮流などの影響を受けやすく、気象の変化には注意しました。また夜襲が基本なので、夜間訓練が重視されます。夜間となると手旗信号が使えないので、懐中電灯の点滅を利用したモールス信号でした。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです