メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

コービー 愛された理由 ロサンゼルス支局・福永方人

コービー・ブライアントさんが所属したレーカーズのホームコート前の追悼スペースに集まるファンら=米西部カリフォルニア州ロサンゼルスで2020年1月29日午後4時33分、福永方人撮影

 一人の人物の死に、これほど深い悲しみが広がったのを見たことがない。米プロバスケットボール、NBAのスター選手だったコービー・ブライアントさん(41)が、1月26日にヘリコプター墜落事故で急死。所属したレーカーズの地元ロサンゼルスは約1週間、街中が追悼ムードに包まれた。

 ゆかりの場所など各所にできた献花スペースは連日、彼のユニホームを着た老若男女でごった返し、泣き崩れる人も多かった。ファンの手書きのメッセージは用意されたボードからあふ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです