メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

栃木・晩翠橋 アーチの前後に人垣

晩翠橋を渡り県庁に向かう聖火=栃木県黒磯町(現那須塩原市)で1964年10月1日(下野新聞提供)

 福島県から栃木県に入った聖火は1964年10月1日、那須町と黒磯町(現那須塩原市)をつなぐ晩翠(ばんすい)橋を通過した。雲一つない秋晴れの空の下、約1時間前からリレーを一目見ようという人で沿道はあふれかえったという。

 トーチを掲げて橋を渡った高根沢勲さん(75)=同市=は当時、同町内にあったブリヂストン工場の陸上部に所属する長距離ランナーだった…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです