メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

野山に潜むマダニにご用心=五箇公一

ニュージーランドの動物園で売っていたマダニのおもちゃ。ピンを接着して、ピンバッジとして愛用している=五箇公一さん提供

 最近マダニという吸血性のダニにかまれた人が病気になって死に至るというニュースを目にする機会が増えている。特に「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と言われるウイルス性の新興感染症の患者数が2012年以降増え続けている。これまでに500人近い患者が報告されており、うち70人が死亡している。単純計算で死亡率14%という、極めて致死率の高い感染症と言える。

 マダニはSFTS以外にも、「日本紅斑(こうはん)熱」や「ダニ媒介性脳炎」という重症化リスクの高いウイルス感染症を媒介する。これらの病気による患者数も最近、増加傾向にあることが示唆されている。その背景に人間とマダニの遭遇確率が高まっている可能性が考えられる。

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです