メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

衣料編/下 合成繊維衣料が海洋汚染 洗濯で抜け下水処理も通過の可能性

愛媛県で採集したマイクロプラスチックの拡大写真(撮影範囲の原寸は約3ミリ四方)。合成繊維とみられるものも含む=弓削商船高専提供

 <くらしナビ・環境>

 海洋プラスチックごみ問題が世界で深刻化する中、多くの衣類に使われているプラスチック製の合成繊維が洗濯で抜け落ちて海洋に流出している実態が浮かび上がってきた。ファッション業界では新素材の開発などの対策が進む。

 ●マイクロプラに

 「フリースを洗濯すると最大で1900本以上のプラ繊維が抜ける。海洋で見つかったプラ繊維の大部分が、洗濯による下水に由来している可能性がある」。英豪の研究チームが2011年に発表した内容は、ファッション業界にとっても衝撃的だった。

 研究チームによると、合成繊維を含むフリースや毛布、シャツなどをそれぞれ家庭用洗濯機で洗った排水をサンプリング調査したところ、全ての衣類で、5ミリ以下の微細なマイクロプラスチックを検出した。中でも起毛部分の多いフリースが最多だった。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです