メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たける・一緒に歩こう

難病・二分脊椎症奮戦記/1 待ちに待った出産、そして難病の発覚

東京都内の自宅で写真に収まる息子の健ちゃん(中央)と柳沢亮(左)、茜夫妻=2019年8月

 「あれ、赤ちゃんの腰ってお猿さんのしっぽみたいに膨らんでるものなのかな」

 息子の健(たける)(2)を出産するまで、私たち夫婦は、毎日新聞東京本社勤務の私(当時25歳)と新潟支局勤務の夫(同27歳)で離れて暮らしていた。東京と新潟を互いに行き来しながら結婚生活を続け、2017年2月、身ごもったことがわかった。青森市出身の私は、新潟には知人もいない。しかし、「夫とともに子供を迎えたい。やっと一緒に住める」と、新潟市で出産することを決めた。

 「切迫早産」だったことから、同年6月には産休に入った。同市内の浜辺が近いアパートに引っ越し、ぽこぽこ動くおなかの胎動を感じながら「早く会いたいね」と、川の字で家族3人寝ることを楽しみに待っていた。

この記事は有料記事です。

残り1837文字(全文2156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです