メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆症敗訴確定 「不当判決、心折れた」 原告の女性が涙

原爆症認定を巡る上告審判決を受けて記者会見する原告の内藤淑子さん=東京都千代田区で25日、玉城達郎撮影

 原爆症の認定を巡る残された懸案だった「要医療性」を巡り、最高裁は25日、経過観察中の被爆者に厳しい基準を示して原告3人の原爆症を認めないとする判決を言い渡した。司法に救済を求め、法廷で争ってきた原告からは「生きている間に解決をと願ってきた。心が折れた」と落胆の声が漏れた。【服部陽、巽賢司、川瀬慎一朗】

 午後3時、最高裁第3小法廷。生後11カ月の時に広島で被爆した内藤淑子(としこ)さん(75)は傍聴席で判決の主文を聞いた。「残念です。母の顔が浮かびました」。閉廷後、最高裁前に集まった支援者らを前に、涙ながらに語った。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです