メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリンピック開催の5月判断発言 橋本担当相「IOC公式見解ではない」

衆院予算委員会で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、国際オリンピック委員会委員が東京五輪の開催判断の期限を5月下旬と発言した報道について答える橋本聖子五輪担当相=国会内で2020年2月26日午前10時1分、川田雅浩撮影

 橋本聖子五輪担当相は26日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に関し、国際オリンピック委員会(IOC)の委員が東京オリンピックを開催するかどうかの判断の期限を「5月下旬になる」と発言したことについて「IOCの公式見解ではない」と説明した。立憲民主党の黒岩宇洋氏への答弁。

 発言は、IOCのディック・パウンド委員(77)=カナダ=がAP通信の…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです