メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリンピック開催の5月判断発言 橋本担当相「IOC公式見解ではない」

衆院予算委員会で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、国際オリンピック委員会委員が東京五輪の開催判断の期限を5月下旬と発言した報道について答える橋本聖子五輪担当相=国会内で2020年2月26日午前10時1分、川田雅浩撮影

 橋本聖子五輪担当相は26日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に関し、国際オリンピック委員会(IOC)の委員が東京オリンピックを開催するかどうかの判断の期限を「5月下旬になる」と発言したことについて「IOCの公式見解ではない」と説明した。立憲民主党の黒岩宇洋氏への答弁。

 発言は、IOCのディック・パウンド委員(77)=カナダ=がAP通信の…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 失業手当支給、60日延長へ 厚労省が新型コロナ対策で特例措置

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです