新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 説明大きく下回り野党批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信厚生労働相=喜屋武真之介撮影
加藤勝信厚生労働相=喜屋武真之介撮影

 加藤勝信厚生労働相は26日の衆院予算委員会で、18~24日の7日間に実施した新型コロナウイルスの検査件数が約6300件で、1日平均約900件だったと明らかにした。政府は最大で1日約3800件の検査が可能と説明していたが、実数はそれを大きく下回っていた。質問した立憲民主党の枝野幸男代表は「検査してもらいたいのに放っておかれているとの声があがってくる。わが国が持っている資源をフル稼働できていない」と…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集