メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居酒屋、飲み会キャンセル続々…ホテルや映画館にも打撃

本来は楽しむ場も敬遠されがちに

 新型肺炎の感染が広がる中、閉じた空間で不特定多数の人が集まるホテルや映画館、居酒屋などで客足に影響が出始めている。26日には安倍晋三首相が大規模イベントの中止や延期を呼びかけ、今後、影響が拡大する懸念が強まっている。

 企業の会議や大きな宴会の会場となるホテルには、延期やキャンセルが出ている。ホテルニューオータニの担当者は「宴席や宿泊キャンセル、延期が出ており、影響を受けている」と話す。全国展開する別のシティーホテルも「キャンセルが増えれば業績への影響は避けられない」と不安を隠さない。

 大阪市内の会議室や宴会場を複数設置するあるホテルでもキャンセルが相次いだ。予約客の大半は国内客だといい、「中国人客の宿泊キャンセルに続き、打撃だ」と頭を抱える。2月下旬に予定していたホテル主催の飲食イベントは自主的に中止した。「600~700人が来る予定だったが、安全を優先した」と話す。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです