メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染予防呼びかけたイラン保健次官も感染 隔離された場所で「ウイルスに打ち勝つ」

新型コロナウイルスの感染予防に関する記者会見で話すイラン保健省のハリルチ次官(左)=テヘランで2020年2月24日、イラン大統領府提供・AP

 イランで新型コロナウイルスへの感染が拡大する中、イラン保健省のハリルチ次官が25日、自身も感染したことを明らかにした。中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどが伝えた。ハリルチ次官は24日、感染予防に関する記者会見に政府報道官とともに出席。その際、眼鏡を外して額の汗をぬぐい、目をこする苦しそうな姿が映像で流れ、健康不安説が出ていた。

 ハリルチ次官は24日に発熱があり、検査を受けたところ、25日に感染が判明。現在は隔離された場所におり、「ウイルスに打ち勝つ」と話しているという。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです