特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

黒人票が勝敗のカギ バイデン氏は伸び悩み 米民主党サウスカロナイナ予備選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民主党の候補者テレビ討論会で議論を交わす(左から)ブティジェッジ氏、ウォーレン氏、サンダース氏、バイデン氏=米南部サウスカロライナ州で25日、AP
民主党の候補者テレビ討論会で議論を交わす(左から)ブティジェッジ氏、ウォーレン氏、サンダース氏、バイデン氏=米南部サウスカロライナ州で25日、AP

 米民主党の大統領候補指名争いの第4戦となる南部サウスカロライナ州予備選が29日に投開票される。同州の民主党支持層の約6割が黒人で、黒人の支持を得られるかが勝敗のカギを握る。

 サウスカロライナではバイデン氏が年初までは圧倒的な支持を得ていたが、2月3日の中西部アイオワ州党員集会で4位、同11日の東部ニューハンプシャー州予備選で5位と苦戦した後、サウスカロライナでの支持率が下落。ニューハンプシャーと西部ネバダ州党員集会で連勝したサンダース氏が追い上げている。

 米CBSニュースが20~22日に実施したサウスカロライナ州の世論調査では、バイデン氏は首位を守っているものの支持率は28%で、2位で23%のサンダース氏との差は5ポイントまで縮まっている。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文664文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集