メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「客が電子マネー30万円分を…」 埼玉・上尾のコンビニお手柄 1年前にも詐欺被害防止

感謝状を受け取る保坂尊利さん(左)=埼玉県上尾市本町の上尾署で2020年2月25日、中川友希撮影

 電子マネーを購入させる特殊詐欺被害を防いだとして、埼玉県警上尾署は25日、セブンイレブン上尾原市バイパス店オーナー、保坂尊利(たかとし)さん(48)に感謝状を贈った。

 保坂さんは6日午後4時40分ごろ、女性店員から「客が電子マネー30万円分を買おうとしている」と電話を受けた。電話越しに詐欺の可能性を伝えたが、60代の男性客は「自分で使うだけ」とかたくなで、5分以上説得しても譲らなかったという。やむを得ず…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです