北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道庁=石川直人撮影
北海道庁=石川直人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道教育委員会は26日、道内全ての公立小中学校を一定期間の臨時休校とするよう、同日中に市町村教委側に要請することを決めた。感染拡大を受けた学校の大規模な一斉休校は初めてとみられる。

 小中学校の休校は各市町村教委が最終的に判断する。高校への休校要請は、高校生が年齢的に予防策を各自で判断できるとして見送るとみられる。

 道内では25日までに計35人の感染が確認された。愛別町のスクールバス運転手や江別市の小学校に勤務する給食配膳員、苫小牧市の女子高校生ら、教育現場への感染拡大が深刻化している。兄弟2人の感染が確認された中富良野町の町立小学校は3月3日まで、教員が勤務する江別市の市立中学校も同6日まで、既に臨時休校としている。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集