メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道教委、全小中学校の休校要請へ

北海道庁=石川直人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道教育委員会は26日、道内全ての公立小中学校を一定期間の臨時休校とするよう、同日中に市町村教委側に要請することを決めた。感染拡大を受けた学校の大規模な一斉休校は初めてとみられる。

 小中学校の休校は各市町村教委が最終的に判断する。高校への休校要請は、高校生が年齢的に予防策を各自で判断できるとして見送るとみられる。

 道内では25日までに計35人の感染が確認された。愛別町のスクールバス運転手や江別市の小学校に勤務する給食配膳員、苫小牧市の女子高校生ら、教育現場への感染拡大が深刻化している。兄弟2人の感染が確認された中富良野町の町立小学校は3月3日まで、教員が勤務する江別市の市立中学校も同6日まで、既に臨時休校としている。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです