メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発所長「廃炉段階の状態、まだ分からない」 事故9年、内部状況なお不明

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故を受け、18年4月から現場で廃炉作業の指揮を執る東電ホールディングス執行役員の磯貝智彦・同原発所長(59)が毎日新聞のインタビューに応じた。廃炉後の敷地の姿について「これから(の作業に応じて)見えてくるもの」と答え、現段階では見通せていないとの認識を示した。

 通常の原発の廃炉では、建屋を解体するなどして更地にするまで30~50年ほどかかる。一方、政府・東電は工程表で福島第1原発の廃炉完了までの期間を30~40年としている。磯貝所長に工程表上での「廃炉」の意味を尋ねると「現段階でどういう状態(…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです