メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

臨時休校の要請について説明する鈴木直道知事=札幌市中央区で2020年2月26日午後2時52分、真貝恒平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道は小中学校全ての休校を市町村に要請した。一斉休校は異例の措置。全国では、感染者が出た学校に限り休校を求める対応も目立つ。関係者からは感染拡大の防止策として理解を示しながら、戸惑う声も聞かれた。

 札幌市教委は28日から、全302校を休校とする。市教委が公表したのは26日午後7時半と他市町村教委と比較して半日近く遅く、市内の小中学校はホームページに「夕方時点で市教委から正式な連絡がない」と掲載するなど混乱が生じた。秋元克広市長は「働く世帯への対応が必要」と話した。旭川市の全校休校は2018年9月の北海道胆振東部地震以来。担当者は「ブラックアウトの時でも2日間だった」と述べた。

 函館市に住む女性パート従業員(33)は共働き家庭。小学生2人を抱えるが、学校から通知メールが来たのは26日午後3時半ごろ。勤務時間帯だったため見ることはできず、客との雑談で事実を知った。女性は「子供の昼食の用意が必要。シフト調整の必要も生じる」と困惑する。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです