メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あしなが育英会、4月の街頭募金中止へ 50年の歴史で初

100回目の募金中止について説明する玉井義臣会長(前列の右から2人目)や岡本蓮・学生募金事務局長(同3人目)ら=東京都千代田区の一般財団法人「あしなが育英会」本部で2020年2月26日、木許はるみ撮影

 親を亡くした子の進学を奨学金で支援している「あしなが育英会」が新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、4月に予定していた街頭募金の中止を決めた。1970年から続く街頭募金の中止は初めて。今年は50年、100回目の節目で高校生のボランティアら約2万人が参加する予定だった。これによって約40億円の資金不足が見込まれることから、新たな形での寄付の募集を模索する。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 あしなが育英会は26日に東京都千代田区の本部で記者会見して中止を発表した。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1142文字)

木許はるみ

1985年生まれ、愛知県出身。中日新聞、Business Insider Japan、じゃかるた新聞を経て2020年入社。外国人住民、公害、地方議会の取材をしてきた。アートや科学が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです