プロになった将棋ユーチューバー折田翔吾さん「勇気与えられる存在に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
棋士編入試験で合格を決め、対局を振り返る折田翔吾さん=東京都渋谷区の将棋会館で2020年2月25日午後6時30分、丸山進撮影
棋士編入試験で合格を決め、対局を振り返る折田翔吾さん=東京都渋谷区の将棋会館で2020年2月25日午後6時30分、丸山進撮影

 将棋のプロ棋士を目指す元奨励会三段で将棋ユーチューバーのアマチュア、折田翔吾さん(30)の棋士編入試験第4局が25日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、折田さんが棋王戦挑戦者の本田奎五段(22)に161手で勝って3勝1敗とし、最終第5局を残して合格を決めた。4月1日付でフリークラスの四段となり、順位戦以外の棋戦に出場することができる。

 「ユーチューブをやっている個性を生かして、プロになっても自分の色を出していきたい」。同じ編入試験を受けプロ入りした今泉健司四段(46)に続き、また一人、異色棋士が誕生した。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文817文字)

あわせて読みたい

注目の特集