メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロになった将棋ユーチューバー折田翔吾さん「勇気与えられる存在に」

棋士編入試験で合格を決め、対局を振り返る折田翔吾さん=東京都渋谷区の将棋会館で2020年2月25日午後6時30分、丸山進撮影

 将棋のプロ棋士を目指す元奨励会三段で将棋ユーチューバーのアマチュア、折田翔吾さん(30)の棋士編入試験第4局が25日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、折田さんが棋王戦挑戦者の本田奎五段(22)に161手で勝って3勝1敗とし、最終第5局を残して合格を決めた。4月1日付でフリークラスの四段となり、順位戦以外の棋戦に出場することができる。

 「ユーチューブをやっている個性を生かして、プロになっても自分の色を出していきたい」。同じ編入試験を受けプロ入りした今泉健司四段(46)に続き、また一人、異色棋士が誕生した。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです