高校水泳部女子生徒が不登校「いじめ受けた」 尼崎市教委「重大事態」に認定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県尼崎市立尼崎高校で水泳部に所属する2年生の女子生徒(17)が他の部員からいじめを受けて不登校になっていることが、関係者への取材で判明した。顧問の男性教員は、いじめた側の言い分を聞くだけで終わらせていたという。市教委は事態を把握し、いじめ防止対策推進法の「重大事態」に認定。外部の弁護士らも加え調査を始めた。

 関係者によると、女子生徒は2019年夏ごろから、複数の女子部員から仲間はずれなどのいじめを受けるようになった。その後、いじめを男子部員に相談し、加害側の生徒ともめ事になった。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文656文字)

あわせて読みたい

ニュース特集