メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

東京五輪開催を巡る関係者の主な発言

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京オリンピック・パラリンピックの開催を危ぶむ声が広がっている。国際オリンピック委員会(IOC)委員の5月を判断期限とする発言を巡り、26日は国内関係者が火消しに躍起となる一方、事前合宿での来日を取りやめる動きも出始めた。7月24日の五輪開幕まで150日を切る中、「中止」は選択肢として浮上しているのか。【田原和宏、松本晃】

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです