メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPB、オープン戦は無観客で実施へ 開幕戦は「できればやりたい」

臨時の12球団代表者会議を終えて開かれた記者会見で、新型コロナウイルス拡大への対策を説明する斉藤惇・日本野球機構コミッショナー(中央)=東京都港区で2020年2月26日午後6時21分、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は26日、東京都内で緊急の代表者会議を開き、オープン戦は次回開催日の29日から3月15日までの残り72試合全てを無観客で実施することを決めた。NPBによると、無観客試合実施はオープン戦、公式戦を通じて史上初めて。これに伴い、3月8日に広島県福山市で予定されていた広島と西武のオープン戦は中止が発表された。2軍の春季教育リーグも全試合を無観客で行う。

 安倍晋三首相が大規模なスポーツや文化イベントなどを2週間、中止、延期するよう求めたことなどから、NPBと12球団は全会一致でオープン戦の無観客を決定した。会議後、斉藤惇コミッショナーは「ファンには申し訳ないが苦渋の決断をした」と話した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです