メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美空ひばりの歌碑と塩屋岬=福島県いわき市で2020年2月11日、花谷寿人撮影

 灯台に上る。風が強い。目の前に広がる太平洋は、どこまでも白い波頭が続く。

 春が近い福島県いわき市の塩屋岬。9年前の東日本大震災で、一帯は大津波に襲われ、多くの命が失われた。

 岬には美空ひばりが歌った「みだれ髪」の碑があった。近づくと歌声が流れる。30年以上前、ここを舞台に女性の悲恋を歌い上げた名曲だ。今も歌い継がれる。

 当時、美空は最愛の母や弟に先立たれ、失意の底にあった。自身も重い病に倒れ、再起不能説が流れる。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです