メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爽やかさ突き抜け! 「南伊勢ワイン」試飲会 「5年後には醸造も」 /三重

 南伊勢町内外のワイン愛好者で作るNPO法人「南伊勢ワイナリーの会」が、同町五ケ所浦で育てたブドウで造ったワインの試飲会が、このほど同所の喫茶店で開かれた。ハクビシンなどの食害で赤ワイン用のブドウが全滅したため白ワインしかできなかったが、口に含むと「すっきりした爽やかな香りと深みのある味」に仕上がっていた。参加者は「5年後には醸造も自分たちで手がけ、文字通りの『南伊勢ワイン』を造る」と張り切っている。【林一茂】

 同会理事長の喫茶店主、中島幸一さん(69)らは2019年秋に町内2カ所で収穫したブドウ約530キロを福井県のワインメーカーに送り醸造。同年末にヨーロッパ種と和種・甲州の計428本(1本750ミリリットル入り)が届いたが、熟成を見込んで2カ月後に試飲することにした。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです