メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅前の名物

湊川駅 神戸電鉄 人工衛星饅頭(神戸市兵庫区・大吉屋)

大吉屋の「人工衛星饅頭」と書かれた赤いのれんが目を引く=神戸市兵庫区で、桜井由紀治撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 神戸電鉄・湊川駅を地上に上がると、向かい側の交差点角に「人工衛星饅頭(まんじゅう)」と書かれた赤いのれんが目を引く。

 1957年、旧ソ連が世界初の人工衛星「スプートニク1号」を打ち上げて話題を呼んだ。翌58年に創業した「大吉屋」の初代店主、山口精三郎さん(故人)がこれにちなんで店の自慢の回転焼きに命名した。

 普通の回転焼きより平べったく、円盤のような形。ユニークな名称と相まって文字通り飛ぶように売れたという。3代62年、小豆の粒あん1種類だけを焼き続け、神戸っ子に愛されてきた。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです