香芝のごみ住民訴訟和解 不正搬入、事実上認める 地裁 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 香芝市のごみ収集業者「AMカンパニー」が地域外で収集したごみを「香芝・王寺環境施設組合」のごみ焼却場に持ち込んだとして、住民らが同社に費用を請求するよう組合管理者の吉田弘明市長に求めた住民訴訟があり、原告と同組合は25日、同社が組合に解決金100万円を支払う条件で奈良地裁で和解した。

 原告住民らは同社が2013年7月~17年5月、広陵町など地域外の産廃約93万キロを組合の焼却場に持ち込み、処理費用1871万円の損害を与えたと主張していた。地裁…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集