メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 徳島の対応見守る考え 県担当者、感染者確認を受け /愛媛

 四国で初めて新型コロナウイルスの感染が25日夜、徳島県で確認された。県は26日開いた第2回感染症対策本部会議で政府の基本方針を確認。会議後、県の担当者は報道陣の取材に対し、徳島の感染者について「県内も含めいろんなところに行っている方ではないという情報を得ている」と明らかにし、当面徳島県の対応を見守る考えを示した。

 会議では、「一部地域には小規模患者クラスター(集団)が把握される状態」で「次のクラスターを生み出すことを防止することが極めて重要」などとする政府の基本方針を確認した。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです