メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計・獣医学部 今治市長、四国枠合格0「残念」  「態勢づくりを」 /愛媛

 学校法人「加計学園」が今治市で運営する岡山理科大獣医学部の特待枠「四国入学枠(四国枠)」の2020年度合格者がゼロだったことについて、同市の菅良二市長は26日の記者会見で「残念だなあという思い。受験生に『縛られたくない』という気持ちがあるのかも」と述べた。四国に開学した目的の一つが地元で働く獣医師の育成であるだけに、「四国の有能な学生が合格できる態勢づくりに注力していただきたい」と願いを込めた。

 「四国枠」は四国4県の高校出身者が対象で、年間100万円の授業料支払いを6年間猶予する。卒業後、四国で5年間続けて獣医師として勤めた場合は返済が免除される。同学部の志願者自体は増える一方、最大20人を募集する四国枠の年度別志願者は18年度以降、6人、6人、4人と低迷し、各年度の合格者は4人、1人、ゼロだった。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです