メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロケットストーブ寄贈 熊本・八代工高生が製作、社協に7台 災害時は調理に利用も /熊本

ロケットストーブを寄贈し中村市長(右から3人目)と談笑する生徒たち

 大規模災害時にガスや電気を使わなくても温かい食事を被災者が取れるようにと、熊本県立八代工業高(同県八代市)機械科の男子生徒6人が同市の社会福祉協議会にロケットストーブ7台を寄贈した。ロケットストーブは米国で開発された調理用ストーブ。熊本地震以降、機械科の3年生が課題研究の授業の一環で製作し各地に寄贈している。

 ストーブはオイル缶をつなげたL字型で横に突き出た部分に燃焼室がある。ここにまきなどをくべると上昇気流で円筒上部が熱され、鍋などを置いて調理できる。生徒たちが作るのは今年が3年目で、これまでに熊本県益城町の小学校などに寄贈してきた。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 大阪で新たに53人感染、1日あたり過去最多 計481人に

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです