メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペット医療、目立つトラブル

「動物病院で適切な医療を受けられずに死亡した」と飼い主が訴えるノーフォークテリアのラドウィン=原告提供

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「ペット医療」を巡るトラブルが目立っている。家族同然に過ごすようになった飼い主側の意識の変化もあり、人間と同じような扱いを求める声が上がっている。

 ●愛犬死に訴訟に

 適切な治療をせずにノーフォークテリアの愛犬ラドウィン(当時9歳)を死なせた――。東京都内の夫妻が昨年12月、群馬県内の動物病院を相手取り、慰謝料など計550万円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。裁判で動物病院側は過失を否定している。

 ラドウィンをペットホテルに預けていた2018年4月。訴状などによると、数日前からの軟便が下痢になり、嘔吐(おうと)もした。ホテルスタッフが近くの動物病院に連れて行ったが、獣医師はホテルにある抗菌薬を与えるよう指示しただけだった。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです