メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペット医療、目立つトラブル

「動物病院で適切な医療を受けられずに死亡した」と飼い主が訴えるノーフォークテリアのラドウィン=原告提供

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「ペット医療」を巡るトラブルが目立っている。家族同然に過ごすようになった飼い主側の意識の変化もあり、人間と同じような扱いを求める声が上がっている。

 ●愛犬死に訴訟に

 適切な治療をせずにノーフォークテリアの愛犬ラドウィン(当時9歳)を死なせた――。東京都内の夫妻が昨年12月、群馬県内の動物病院を相手取り、慰謝料など計550万円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。裁判で動物病院側は過失を否定している。

 ラドウィンをペットホテルに預けていた2018年4月。訴状などによると、数日前からの軟便が下痢になり、嘔吐(おうと)もした。ホテルスタッフが近くの動物病院に連れて行ったが、獣医師はホテルにある抗菌薬を与えるよう指示しただけだった。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです