メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発のたたみ方

/5 事故9年、続く模索 福島第1、汚染ごみどこへ

汚染水から取り除いた放射性物質による汚染ごみの保管設備=東京電力福島第1原発で1月21日、吉田航太撮影

 <科学の森>

 史上最悪クラスの原子力災害となった2011年3月の東京電力福島第1原発事故から、9年がたとうとしている。廃炉作業は少しずつ進んでいるが、水素爆発に伴うがれきや、汚染水から取り除いた放射性物質を含む吸着材など、放射性廃棄物の処分方法は定まっていない。核燃料などが溶け落ちた「燃料デブリ」を1~3号機からどのように取り出すのかも模索が続く。

 福島県の大熊町と双葉町にまたがる福島第1原発。放射性物質で汚染された廃棄物は、計6基のうち5、6号機が建つ双葉町側の敷地内を中心に、あちこちで保管されている。廃棄物は、汚染の度合いとなる放射能レベルに応じて区分され、シートやテントなどに覆われている。

この記事は有料記事です。

残り3208文字(全文3510文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです